転職をするならまず「自己分析」をしましょう

転職をしたいと考えているのなら、今の会社を辞める前にやっておくべきことがあります。まずは自己分析を行うことが必要です。どのような職場を求めているのかをはっきりさせておかないと、満足できる職場を選ぶことができないからです。どのような職場を求めるのか、自分の強みは何なのか、など、自己分析をしてスムーズな職場選びができるように準備しておきましょう。

注意点としては、次の職場を探していることを今の職場に知られないようにすることです。次の職場が決まり、自分のタイミングで退職の意思を伝えたほうが円満退職が期待できます。辞める会社とはいえ、問題を起こさないほうが賢明です。次の職場探しをしていることが職場にバレるとよくありませんので、慎重に動くようにしましょう。辞めるタイミングについては、繁忙期は避け、引き継ぎがキチンとできてトラブルにならないような時期を選ぶとよいです。

会社を辞めるとなると色々と気になることが出てきますから、社内規則などを改めて確認し、トラブルを避けられるように動くとよいです。有給休暇を使いたいと思っていても、退職時に使うのは難しい場合も多くあります。有給など気になる部分について、どのような扱いになるのかを確認し、損をしないように動けるようにしておくのもおすすめです。

辞める前になると今の会社への不満に意識がいってしまいがちですが、福利厚生などメリットを享受している場合も多くあります。良い条件の部分を把握していないと次の職場を選ぶときに損をしてしまうことも考えられます。今よりも有利な条件で働けるつもりが、実情が伴わなかったという失敗を避けるためにも、今の待遇について正確に把握しておきましょう。