就・転職トレンドがわかるUCTrend.comへようこそ!

現在の日本は、47都道府県すべてで有効求人倍率が1.0倍を超えています。大学の学部新卒者の内定取得率も高い水準がキープされており、就職氷河期はすっかり過去の話となりました。 しかしながら、いくら有効求人倍率が1.0倍を超えていたとしても「どこでもいいから働ければ良い」という人はまれです。新卒就職にせよ、転職にせよ、応募先はよく吟味することでしょう。すると、どうしても合格・不合格という現実に直面します。

狙った企業に確実に就職するためには、どうしたらよいのでしょうか?ライバルと差をつけ、内定を勝ち取るために必要なのは、誠意と熱意、そしてちょっとした工夫といった「就転職活動テクニック」です。当サイト「UCTrend.com」は、そんな就転職に必須のテクニックから、基本的なマナー、就転職のトレンド情報まで幅広く網羅しています。

就転職を制するには何はともあれ最新の情報を取り入れることが重要です。時事問題や応募先企業や業界に関する情報は集めていても、就転職の場におけるトレンド情報は集めきれていないということがほとんどではありませんか?当サイトでは、読みやすさを重視し比較的短めの記事で情報を公開しています。忙しい就職・転職活動中の皆様が、ちょっとしたスキマ時間に記事を読めるよう配慮しています。

UCTrend.comを活用して、納得のいく就職・転職をしてください!

就職・転職活動をはじめる前に・・・

現代のような終身雇用が当たり前ではなくなった時代には、新卒の頃から定年退職までずっと同じ会社に勤める社員は少なくなっており、それぞれのライフスタイルや環境に合わせて働き方を変えていく時代です。もしも働き方に対する処遇に不満を抱く場合は転職して新しい会社で自分の現在のスタイルにあった働き方をすればよいのです。

しかし、実際に行動に移す場合はもう少し慎重に考えた方が良いかもしれません。 求人募集のサイトを見ると、かなり待遇がよさそうなことを書いてある会社も多くみられますが、実際は全然違ったというような意見をよく耳にします。では具体的にどのような点が掲載内容と異なっていたのでしょうか。

例えば休日に関して「週休二日制」と書いてある場合、多くの人が「毎週二日間休みが取れる」と誤解しがちなのですが、実際は「一月のうち週二日休みが取れる週が必ずどこかある」という意味なのです。つまり最低の場合は「三週間は週一回休みで一週間だけ二日休みの合計月五日休み」という場合もあり得るのです。

このような誤解が多いことを承知でわざと騙す様に「週休二日制」を謡っている会社も多いので、気を付けておきたいところです。次に、試用期間について通常は三カ月程度の試用期間を設けている会社が多いですが、稀に半年や一年間という長期での試用期間を設けている会社もあります。そして試用期間中の給料は通常より少ないことが多いので、しっかりと内定する前に確認しておきましょう。また、契約内容と解雇の条件についても気をつけたいところです。

例えば残業手当について「見なし残業制」としている会社の場合、ある一定の時間数の残業を見込んだ給料となっているため、その時間数までは残業しても手当てがつきません。また、ノルマが課せられる業務の場合、ノルマが達成できなかった場合にどのような処遇を受けるのかも重要ですので確認しましょう。もしも決められたノルマ達成が出来ない場合は解雇される可能性がある旨の契約となっていた場合、将来的に安定して勤務を続けることは難しくなるかもしれません。